人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イラストレーター桑原正俊のTune
by akaitotan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
筆者の関連情報
最新のコメント
腹話術ですか?知りません..
by akaitotan at 08:13
80年代に渋谷の見番寄席..
by 猫の飼い主 at 11:22
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
@野川photo散歩道
Mie's Diary
マーマレード部
おべんとう日記
ワンコトイッショ
富士山いろいろ
以前の記事
2024年 01月
2023年 08月
2023年 06月
2023年 04月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 03月
more...
ライフログ
カテゴリ
全体
イラスト
Photo
イシコロ

カール
アート
ナントナク
これは?
メモ画
ダンク
アオキクン
ミニコレ
ニャンダ
日刊ホリデー
小さな声
お知らせ
へんな絵
タマ
散歩
昨日
バナナ
日本人とお風呂
今日
植物
思い出すと
モッチー
メモマンガ
what's new !
ニッキ
ニュース
ゆるカン
小さな発見
トピックス
気になる事
似ている顔

記録
展覧会
ギタレコ
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
食べられる紙
モッチーの親戚に「三角屋」という雑貨などを売っている店があった。
どうして「三角屋」という名前が付けられていたのか、それはおそらく、この店は
道路の三つかどにあるのでそう名付けられているのだろう。
そしてモッチーは、その店に食べられる紙がある事を教えてくれた。
それは厚手の真っ白な和紙のようなものだった。
たしか1枚はA4サイズくらいのおおきさで、
表面は金太郎かなにかの青い線画が描かれていた。
紙でできたお菓子で、食べられるのです!!
たべると甘いハッカのの味がして、噛みつづけるとやがて味がしなくなり、
その紙の繊維ははき出します。
今もこの食べられる紙のお菓子はどこかで売っているのだろうか??
by akaitotan | 2007-05-27 13:19 | 思い出すと | Comments(2)
Commented by はっしー at 2007-06-03 02:23 x
ぉお!ニッキ紙(僕らはそう呼んでいました)では無いでスカ?
ウチの田舎では幅15x長40センチほどの細長いもので、ロボットとか自動車とか男の子が好きそうなイラストが描かれてて、束ねてあるのを自分で選んで引き抜いて買うのですが「当たり」と書かれていたらもう一枚!とかだったような気がします。
トタンとは年代が同じだから話題も被るなぁ~。
Commented by akaitotan at 2007-06-04 09:11
ニッキ紙というんですか?!長細かったかもしれません。
赤や緑のイラストもあったと思います。
私が食べたのはこの1度だけで。
その後ほかの店で置いてあるのを見た事は1度もないのです。
<< そうらーめん スプーン >>