イラストレーター桑原正俊のTune
by akaitotan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
筆者の関連情報
最新のコメント
何か虫の巣か、鳥の巣のよ..
by akaitotan at 08:29
それはデング熱の素です。..
by はっしー@触るなキケン! at 12:54
最新のトラックバック
リプトンの引っ張れるティ..
from 本のソムリエ日記
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
@野川photo散歩道
Mie's Diary
マーマレード部
おべんとう日記
犬まみれ
ワンコトイッショ
富士山いろいろ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...
ライフログ
カテゴリ
全体
イラスト
Photo
イシコロ

カール
アート
ナントナク
これは?
メモ画
ダンク
アオキクン
ミニコレ
ニャンダ
日刊ホリデー
小さな声
お知らせ
へんな絵
タマ
散歩
昨日
バナナ
日本人とお風呂
今日
植物
思い出すと
モッチー
メモマンガ
what's new !
ニッキ
ニュース
ゆるカン
小さな発見
トピックス
気になる事
似ている顔

記録
展覧会
ギタレコ
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ニッキ( 4 )
ドラエモンのどこでもタオル
b0003474_8462391.gif今は、朝日新聞をとっています。
このあいだ、新聞の契約を更新した。
更新の際は、洗剤、食用油、など色々な景品がもらえます。
今年は、ドラエモンのバスタオルもついてきました。
プールに行くときや、銭湯に出かける時に大変重宝しています。
新聞の契約時には、昔はビール券をよくもらっていた記憶がありますが、現在は規制されてなくなってしまったのでしょうか?
近隣の住宅の物干竿に、このドラエモンのどこでもタオルがあちらこちらに干されているのは、言うまでもありません。
[PR]
by akaitotan | 2012-07-25 08:38 | ニッキ | Comments(0)
合羽橋にはカッパがいっぱい
b0003474_914589.jpg
とある事情で合羽橋道具外へ行った。道具外は陶器、包丁、鍋、のれん。提灯、食品サンプル、寿司ウインドウ、焼き鳥の焼き台、かき氷機、テーブル、イス、、、等、商店道具類は全てそろっています。そして合羽橋には、色々なカッパが潜んでいるのです。
b0003474_9151977.jpg
この店は、焼き鳥屋でもラーメン屋でも定食屋でもなく、看板のれん屋です。
b0003474_919438.jpg
この店は、果物屋でもフルーツパフェ屋でもなく、食品サンプル屋です。
b0003474_9241040.jpg
浅草方向にはスカイツリーが建設中だった。

またカッパを探しに行こう。
[PR]
by akaitotan | 2010-07-29 09:26 | ニッキ | Comments(0)
そうめん列車
b0003474_11583721.gif
お盆は、田舎に帰省した。富士駅から甲府を結ぶ「身延線」という電車に乗って帰省するのですが、電車は1時間に1本か2本くらいのペースで運行している。10年ほど前までは、列車のトビラは手動式なので自分でトビラを開けない限り、列車に乗車することができなかったのです。
たいていは2両編成の列車だ。座席は向い合わせのシートになっていて、車窓のふちには缶ジュースやお弁当がおけるくらいのスペースがある。乗客があまり乗っていない時は、両足を前のシートに伸ばしてリラックスすることができます。
僕の斜め後ろには、髪はサラサラの刈りたての短く立った髪の毛、肌は小麦色強、白い半袖のワイシャツの胸ポケットには校章がプリントしてある、スポーツ部風の高校青年が座っていて、一つのタッパーにはそうめん、もう一つのタッパーには麺つゆをいれた何やら、そうめん弁当を広げていた。車窓からのすずしい風を受けながら、青年は、おいしそうにつるつるっと、そうめんをすすっていたのでした。

納涼度、★★★
エコ度、★★★
混雑時の迷惑度、★★★
[PR]
by akaitotan | 2009-08-25 12:08 | ニッキ | Comments(2)
花火はエコかそうではないか?


2年ほど前になるだろうか。ソビエトが環境にやさしい核兵器を開発したという新聞記事があって、その記事を読んだなぎらけんいちさんがその事に対して、「核兵器に環境にやさしいもなにもあるか!」と多摩中央公園で開催した「夜風にふかれて多摩ライブ」で激怒していた。
おととい、「厚木鮎まつり花火大会に」出かけた。相模川河川敷での打ち上げで河原でも座る場所などないほどの人だまりだった。左手に鮎の塩焼き、右手に缶ビールを握りしめながらの観賞だった。花火はエコじゃないなんていう人もいるが、花火のない夏は大分寂しい。
核実験などにくらべるとはるかにエコだと思う。
[PR]
by akaitotan | 2009-08-10 12:30 | ニッキ | Comments(0)