イラストレーター桑原正俊のTune
by akaitotan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
筆者の関連情報
最新のコメント
何か虫の巣か、鳥の巣のよ..
by akaitotan at 08:29
それはデング熱の素です。..
by はっしー@触るなキケン! at 12:54
最新のトラックバック
リプトンの引っ張れるティ..
from 本のソムリエ日記
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
@野川photo散歩道
Mie's Diary
マーマレード部
おべんとう日記
犬まみれ
ワンコトイッショ
富士山いろいろ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
more...
ライフログ
カテゴリ
全体
イラスト
Photo
イシコロ

カール
アート
ナントナク
これは?
メモ画
ダンク
アオキクン
ミニコレ
ニャンダ
日刊ホリデー
小さな声
お知らせ
へんな絵
タマ
散歩
昨日
バナナ
日本人とお風呂
今日
植物
思い出すと
モッチー
メモマンガ
what's new !
ニッキ
ニュース
ゆるカン
小さな発見
トピックス
気になる事
似ている顔

記録
展覧会
ギタレコ
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:アオキクン( 3 )
おぎのやの峠の釜飯
b0003474_9543985.jpg三越デパートの地下食品売り場で、駅弁フェアが開催されていて「おぎのやの峠の釜飯」が売られていたので買った。

「おぎのやの峠の釜飯」を初めて食べたのは、学校を卒業して、会社に就職をした1年目の冬、会社ではスキー研修をする行事があって、社員で志賀高原へ信州本線特急に乗って行った時、それまでの途中駅、横川駅で、この釜飯を先輩に薦めら れて食べたのが初めての経験です。

釜飯は、横川駅の「おぎのやの峠の釜飯」だけではなく、日本国内では地方のいたる場所で販売されています。
タコ釜飯、松茸釜飯、牡蠣釜飯、蟹釜飯、帆立釜飯、桜えび釜飯、、など種類豊富な釜飯が存在しています。

釜飯には、めずらしい体験があります。
それはまだアオキくんが東京に滞在していた、当時私は27歳、アオキくん、憲一くん、小鼻君の男性4人で立川駅から青梅線に乗って、奥多摩方面の御岳山にハイキングに出かけた時のことでした。
御岳山ケーブルカー乗り場の売店に、釜飯が販売されていたので、皆一つずつ釜飯を買って、ケーブルカーに乗り込んで、終点御岳山で降りて、山頂広場まで歩いて登った。
山頂広場に登頂して、私たちは山頂で憲一君の持って来た青い色のゴムボール、落ちていた木の枝をバットのかわりにして、野球をして遊んだ。
お昼になって、いよいよ楽しみにしていた釜飯弁当を食べようと、十文字に結ばれていたひもを解いて、包装紙をはずし、釜飯のかまのふたを開けたところ、何故か私の釜飯の中には、具が一つも入っていないのでした。
それはダシ汁で炊かれただけの、ご飯だけの釜飯だったのです。
おそらく私の手にいれた釜飯は、釜飯を作っていた従業員が釜飯の具材を偶然にも入れ忘れ、そのまま炊き上げて販売してしまった具の一つも入っていない、ご飯だけの釜飯だったのでした。
アオキくん、憲一くん、小鼻君は、その私の具がひとつも入っていない釜飯を見て気の毒に思ったのか、皆少しずつ自分の釜飯の具を私の釜飯の釜の中に提供してくた。
それで、釜飯の具は皆均一になり、おいしく釜飯を食べる事ができたのでした。
これは「皆で同じ釜飯の具を食べた仲」ということになるのでしょうか。

現在は長野新幹線の開通で、横川駅~軽井沢碓氷峠は、列車の運行は廃止になっています。
それでも「おぎのやの峠の釜飯」は、軽井沢商店街、サービスエリヤ、デパートなどで販売を活動して売り継がれています。
「おぎのやの釜飯」の釜は、益子焼でできています。
食べ終わった釜は不燃ゴミで捨ててしまうのはもったいないので、家に持ち帰って小物入れ、茶碗蒸しの茶碗、プリンの器、鉢植えの鉢、ご飯にシャケ卵焼き等を入れ風呂敷に包んで弁当箱、愛犬のドッグフードのお椀、などの器として再利用する人もいます。

また、この釜を使って、お米、人参、とり肉、シーチキンや、塩こんぶ、ショウガ、だし汁などを入れてコンロで炊いてオリジナルの釜飯を作ってしまうという人もいるという情報もあります。

今度また、鈍行列車に乗ってアオキくんのいる信州へ遊びに行きます。
途中横川駅で「おぎのやの峠の釜飯弁当」を買って。
今は、横川~軽井沢間の峠を越える列車がなくなってしまったので、
横川軽井沢間はJRバスに乗って峠を越えて。

これから、菅平高原はニッコウキスゲの咲く初夏のすがすがしい季節になりますね。

b0003474_846143.jpg

[PR]
by akaitotan | 2011-06-07 14:42 | アオキクン | Comments(2)
すいとん
b0003474_10242660.gifなぜか35ミリののポジフィルムで写真を撮っていたことがあった。
スキャナーは35ミリのフイルムをスキャニングができるので試しにスキャンしてみた。
これは御嶽ケーブル入り口のバス停前にあった御岳茶屋という店です。

アオキくんと私は御岳の山に登った帰りがけにこの店に入った。
青梅線御岳駅ゆき最終バスまでここで飲んで帰ることにした。
店は古い木造の一軒家で、ちょうちん、日本傘、鎧、壺、などの骨董が犇めいている。
中に入ると、真冬でも丸裸で腰かけ一丁のおやじさんが出てきた。
いろりのあるテーブルがあって、メニューはそば、すいとん、山菜、鱒の塩焼き、おしるこなどがある。
b0003474_10252895.gif
熱燗と鱒の塩焼きをたのむと。
オヤジサンは「ハ〜イ!」と元気な返事をすると、タモ(網)を持ち、外にある大きな瓶から採りたてピチピチの虹鱒をすくいだして、塩焼きにしてくれた。
骨董に囲まれた部屋を見回しているとモーニングを着てアメリカ兵と握手している写真が額に入れられていた。
これはタップをやっていて、横田米軍キャンプに招待されて踊った時の写真だとオヤジサンは話してくれた。
アオキクンと私は次にすいとんをつまんでいると。
突如としてバスの運転手が「オジサン電話かりるよ〜!」と言って店に入って来て、柱に掛っていた古〜い電話機のハンドルをクルクルクルと回し始め、ジーコ、ジーコとダイヤルしてなにやら会話をしはじめた。
b0003474_102702.gif
???
この電話機は、ただの骨董品として柱に掛けられていたのではなくて、本当に使用できるのだった。
バスの運転手は、用件を済ますと10円をオヤジさんに渡すと出て行った。
それからアオキクンと私は最終バスに乗って青梅線御岳駅に帰っていった。

今はこの御岳茶屋は、バス停留所として舗装整備されてアスファルトの下に眠っています。
アオキクン、この茶屋にまた行きたかったね。

そして来年も芋版で作った年賀状送ってくれるかな?


b0003474_10284371.gif
[PR]
by akaitotan | 2005-12-25 10:39 | アオキクン | Comments(0)
水炊きを作ってくれたひと
国分寺に、
寒い日遊びに行くと、
水炊きを作ってくれたひとがいた。
鶏肉、昆布、ねぎ、とうふ、白菜などをいれた鍋です。
そのひとの部屋の棚は、CDや、LPレコードがきっちりと整理されていた。
バスケが好きで、バスケットボールやNnmberのスポーツ誌が置いてあった。
電話は、黒いダイヤル式の電話です。(シブイ)
その他の物はなくスッキリした部屋だった。
(すみません)テレビとアコースティックギターもありました・・・
そして、自作の、「リトル、ジェニー」を歌ってくれた。

床のタタミにはゴミもない。
水炊きができると、こたつのテーブルの上に置いて、鍋をつついた。
しかしそのテーブルだけは、いつも白くホコリの積もったままだった。
特に指摘はしなかったが、

それはなぜだ???

アオキ君!

スタ丼のお店はまだあるのでしょうか?

(2)

b0003474_9424954.jpgそう、アオキ君は、今は遠い所にいる。
リバーちゃん(上田館)(たぶん、千曲川のRIVER
とビーバーをかけあわせてそういう名前にしているのだろう?)のいる戸倉上山田温泉の近くにある実家だ。
戸倉上山田温泉は、芸者でも有名な温泉街だ。
「竹久夢二もここの温泉地をこよなく愛していたんだ。」
とアオキ君は言っていた。
温泉街は、ラーメン屋、バー、スナック、射的などのネオン光る歓楽店が、蜘蛛の巣のようにひしめきあって、迷路のようになっている。

その歓楽街は、今や人はあまり歩いていない。

大正ロマンと、昭和の哀愁が感じられて、僕は好きだな。
穴場なのでみなさんも是非訪れてください。

アオキ君は遠いところにいる。


そしてアオキ君とよく夏になると、立川から青梅線奥多摩行き電車に乗って、奥多摩へ出かけコバナ君と一緒に。
奥多摩は、多摩川の源流となる川が流れている。
その川沿いを電車は走り、終点の奥多摩駅までの間にいくつかの駅がある。
御嶽、沢井、鳩の巣、などの駅があって、その時の成り行きで適当な駅で降りて、川縁でふらふらする、休日を送った。
[PR]
by akaitotan | 2005-02-06 10:05 | アオキクン | Comments(22)